メアグラーティア 2022-23年秋冬コレクション – 時を辿り、朽ちた花の鮮やかさを見る

メアグラーティア(meagratia)は、2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを発表した。 「Connect with one day」がテーマの今季は、過去、現在、未来の「時間軸」を表現。歩んできた過去を遡り、現在と繋がる古ぼけた風景に思いを馳せる。一瞬ごとに“今”を生きてきた風景の積み重ねを懐かしむことで、新たに見えてくる追憶の鮮やかさと愛おしさを描き、また“今”を重ねながら未来へと向かっていく。 日記帳の色褪せたページをめくる、昔の手紙を読むなど、過去の記憶を辿る時のノスタルジックな要素がデザインの随所に落とし込まれている。灼けたような色味のグレージュのスウェットや、所々白っぽくなっているブラックのブルゾン、色ムラのあるパープルのパンツなど、長い時をともに経てきたかのような色使いが余韻を残す。 また、ジャケットのポケットや、パンツの裾には、封筒を想起させる、糸を巻き付けて留める2つのボタンをオン。クラシカルなバンドカラーの白シャツには、封筒を模したフラップ付きのポケットを配し、さりげない遊び心を効かせた。 【関連記事】:【超人気質屋】超美品、高品質、ファッションブランド 独占的な販売

ジェラート ピケ「花咲くピンク」のルームウェア、チューリップモチーフドレス&ルームシューズ

ジェラート ピケ(gelato pique)2022年春の新作ルームウェア「ピンクコレクション(pink collection)」が、2022年3月18日(金)より、ジェラート ピケ直営店ほかで発売される。 ジェラート ピケの2022年春は「ピンク」が主役。チューリップや花びらをモチーフに、心躍るピンクのルームウェアやグッズを展開する。 深みのあるピンクカラーの「キャミドレス」は、背中のリボンディテールが特徴的。大胆な肌みせを叶えてくれ、女性らしさも演出してくれる。素材は、夏まで心地よい着用感を叶える軽やかなファブリックを起用。自宅でのリラックスウェアとしてはもちろん、ワンマイルウェアとしても活躍してくれそうだ。 「チューリップモチーフドレス」は、チューリップの愛らしい姿を描いたルームウェア。ウエスト位置を高めに設定することで、スタイルアップを叶えてくれる。カップイン仕様なので、1枚でさらりと纏うことができる。 【関連記事】:大人の女性だから持ちこなせる真の一流品

メアグラーティア 2022-23年秋冬コレクション – 時を辿り、朽ちた花の鮮やかさを見る

メアグラーティア(meagratia)は、2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを発表した。 「Connect with one day」がテーマの今季は、過去、現在、未来の「時間軸」を表現。歩んできた過去を遡り、現在と繋がる古ぼけた風景に思いを馳せる。一瞬ごとに“今”を生きてきた風景の積み重ねを懐かしむことで、新たに見えてくる追憶の鮮やかさと愛おしさを描き、また“今”を重ねながら未来へと向かっていく。 日記帳の色褪せたページをめくる、昔の手紙を読むなど、過去の記憶を辿る時のノスタルジックな要素がデザインの随所に落とし込まれている。灼けたような色味のグレージュのスウェットや、所々白っぽくなっているブラックのブルゾン、色ムラのあるパープルのパンツなど、長い時をともに経てきたかのような色使いが余韻を残す。 また、ジャケットのポケットや、パンツの裾には、封筒を想起させる、糸を巻き付けて留める2つのボタンをオン。クラシカルなバンドカラーの白シャツには、封筒を模したフラップ付きのポケットを配し、さりげない遊び心を効かせた。 【関連記事】:【超人気質屋】超美品、高品質、ファッションブランド 独占的な販売

なぜそんなに多くのショーを見ましたか?まだ足りないです。

无数のショーを见たことがあるあなたは自分がファッションの潮流をつかむと思って、ファッションの最前线を歩いて、他の人が宝石の选択の上で分间であなたを杀したことが分かりません。実は、各ブランドの既製服のショーを見る以外に、ショー場のジュエリーの組み合わせも未来のコーディネートの傾向です。これらの細かいところに住んでいます。他の人よりもっとファシオかもしれません。

Aliexander McQeen今回は既製服シリーズよりもさらに少女が多く、刺繍やバンドの要素が盛り込まれています。長いバンドとわざと閉じていない刺繍の線が腰にぶら下がっていて、とても飄々としています。つけているイヤリングまで全部合わせて揺れ動きます。

BALENCIAGA TRIPLE-S TRAINERS 5カラーが9/21に国内発売予定

円環のイヤリングとチェーンのイヤリングがずっと流行っていることはみんな知っていますが、この二つの元素がぶつかり合ったらどんな化学反応が出ると思いますか?答えはもちろん「もっとおしゃれ」です。リングは造形感をもたらし、チェーンは流動感をもたらす。Alexander McQueenのショー場にあるフリンジチェーン+リングをゲットしましたか?

赤い火がフラフラしていますが、寒い冬にはどうして赤い色がないですか?いくつかのショーを見たら、赤い色が出る頻度がかなり高いです。Fendiの2017秋冬の既製服シリーズは赤色を基調とし、ベージュ色のコートを着ても赤いエナメルブーツを見せます。どうせ赤い靴でも赤いショルダーバッグでも赤いイヤリングでもいいです。

赤は二極化した色です。似合う人が赤い服を着るとびっくりするかもしれません。合わないとびっくりするかもしれません。赤いスーツは扱いにくいと思うなら、赤いイヤリングがいいかもしれません。赤いスーツのように人を選ぶこともなく、赤い漆の皮靴のように雰囲気が必要ではなく、赤いイヤリングもあなたに良い色をもたらします。

Bottega Veneta 2017秋冬の既製服シリーズは黒と濃い色を主な色調にすっきりとした裁断を加えて、気前のいい女性の強いイメージを作り上げてくれました。Vネックはきつい中に女性らしさを加えたデザインです。

全体のシリーズは職場の女性の完璧なファッションモデルと言われています。派手ではなくダラダラしています。それを着るとあなたは「職場のお姉さん大」です。でも、「女魔頭」を間違えたら、ぜひジュエリーを身につけてください。適当なジュエリーを身につけると、あなたと他の人との距離感が減ります。でも、スタイルを統一するために、小さい黒の宝石のイヤリングや繊細なシルバーのイヤリングを選んで飾ります。

http://www.supre2020.com/wallet/shoes/balenciaga

自宅の既製服に対して、Clineはジュエリーアクセサリーの選び方がずっと変わっています。基本的な服は実はあなたがジュエリーの一番いい背板を誇張するので、シンプルな服を着る時は特別なジュエリーを選んでください。色の違い以外に、独特なデザインもあなたのセットのLookにハイライトを追加できます。しかし、誇張は煩雑ではなく、幾何学的なジュエリーを組み合わせると面白くて高級感があります。

ドガバーナーと比べると、グッチは大面積のプリントと高飽和のコントラスト色ですが、グッチはレトロな感じがします。細かいところから見れば、Gucciの裁断スタイルは七、八十年代に偏っています。そして服に刺繍するのは昆虫や鳥獣などのものが多いです。Gucciを着ているモデルはそれぞれ性格の違うキャラクターを演じているような気がします。

ランジェリーラッド・エデター

いつもよりひとつ多くボタンをはずしたシャツ、谷間が見えてしまうほどの深Vトップスは、ブラジャーも中心が深いVカットになっているものを選ぶのが原則。

2019春夏プレタポルテ – モンクレール(MONCLER) |コレクシ
好みにもよりますが、最近は寄せて盛って谷間を協調するより、ナチュラルでやわらかそうな、エフォートレスなバストシルエットのほうが気分のよう。着け心地も楽チンなノンワイヤーのブラレットやトライアングルブラを試してみると良さそう。
ボリューアップしたい場合は、ワイヤー入りで深いVフロントのプランジブラや、カップのかぶりが小さめのものを選ぶなどの工夫を。いずれにせよ、深いVネックの場合は、かがんだ時に万が一胸もとからブラがのぞいてしまったときのことを考えて、ビジュアルにもこだわったものを選ぶのがおすすめ。
文化服装学院卒業後、流通業界で販売促進、広報、店舗開発を約10年経験した後、フリーランスとして独立。下着通販カタログの商品企画などを経て、現在はランジェリーを中心に、雑誌、新聞、ファッションウェブサイト、海外メディアなどで執筆・編集を行う。モットーは「ラペルラ(プレステージ)から、しまむら(デイリープチプラ)まで」「ランジェリーもファッションの一部」を口癖に、パリのサロンから両国のメーカーまで、常に小走りで取材に向かう。

http://www.nice2019.top/wallet/shoes/balenciaga